おすすめ記事ピックアップ

横スクロール出来ます(スマホ用)→
2024年5月現在おすすめのオファー USクレカポイ活ビギナーズガイド リンク募集 アメリカンエクスプレスによろしくサイトマップ
現在おすすめのカード! ビギナーズガイド クレカ紹介リンク募集中 サイトマップ

2024/05/14

Wyndham Rewards Earner Business Card 評価レビュー

Wyndham Rewards Earner Business Card 評価


アメリカのホテル系クレジットカードと言えば、Hilton、Marriott、IHG、Hyatt の4つのブランドを代表的なものとして考えている方も多いかと思いますが、Wyndham Hotels のクレジットカードも忘れてはならないカードだと思います。

今回は Wyndham Hotels のクレジットカードの中でも一押しの Wyndham Rewards Earner Business Card の魅力を解説していきます。


【評価・年会費・特典】

Wyndham Rewards Earner Business Card
Wyndham Rewards Earner Business Card
おすすめ度 ★★★★☆
カードブランド Barclays / Business
年会費 $95
ポイント還元率 8% Wyndham ホテル、ガソリン
5% マーケティング、広告、ユーティリティ
1% その他
サインアップボーナス 100,000 Points 期間限定
ボーナス条件 90日以内に$4,000の使用で50,000 Points
更に12カ月以内に$15,000の使用で50,000 Points
その他の主な特典 Wyndham Rewards ダイヤモンドステータス
カード更新時 15,000 Bonus Points 獲得
go free awards で予約すると必要ポイント10%オフ
外国為替手数料 なし
公式サイト barclaycardus.com

このカードの魅力はサインアップボーナスもさることながら、ステータス・年会費の回収・特徴的な高い還元率カテゴリ、が挙げられます。

ステータスとしてカード所持のみで Wyndham Rewards のダイヤモンドステータスが手に入り、これによりスイートへのアップグレードやチェックイン時のウェルカムアメニティ、アーリーチェックイン・レイトチェックアウトなどの特典が手に入ります。

年会費も$95と元々リーズナブルですが、加えてカード更新時に無条件で15,000ポイントが手に入り、これは十分年会費を賄えます。

ポイント還元の面でも、ガソリン8%とユーティリティ5%が特徴的で Wyndham Rewards のポイント価値を考慮しても他のカードでこのカテゴリでこれほどの還元率を持つカードは中々ありません。

また Wyndham Rewards のダイヤモンドステータスは Caesars のダイヤモンドステータスとマッチします。

ラスベガスが好きだったり、訪れる計画がある方はこのステータスマッチも魅力的な特典の1つです。


【サインアップボーナス】

プレゼント

Wyndham Rewards Earner Business Card ではサインアップボーナスとして大量のポイントを獲得することが出来ます。

ただし期間限定のオファーの場合、全額受け取るためには多額の出費を必要としますのでその点は注意が必要です。

サインアップボーナスのみであれば、Wyndham Rewards のパーソナルカードの方が必要な支出に対しての獲得ポイントは高いのでよく比較しましょう。

以下が代表的なサインアップボーナスです。

過去最高 期間限定オファー(2024年3月頃~)

  • 90日以内に$4,000の利用で50,000 Points を獲得
  • さらに12か月以内に$15,000の利用で50,000 Points を獲得
  • (合計12か月以内に$15,000の利用で100,000 Points)
  • その他の期間限定オファー

  • 90日以内に$3,000の利用で50,000 Points を獲得
  • さらに12か月以内に$10,000の利用で25,000 Points を獲得
  • (合計12か月以内に$10,000の利用で75,000 Points)
  • 通常オファー

  • 90日以内に$1,000の利用で45,000 Points を獲得

  • 【Wyndham Rewards ダイヤモンドステータス】

    Diamond

    Wyndham Rewards ダイヤモンドステータスでは以下の様な特典を受けることが出来ます。

  • アーリーチェックイン
  • レイトチェックアウト
  • スイートへのアップグレード
  • チェックイン時のウェルカムアメニティ
  • ゴールドステータスのプレゼント
  • Caesars Rewards ステータスマッチ
  • Avis および Budget レンタカーのアップグレード
  • スイートへのアップグレードはポイントを使った宿泊でも対象になりますし嬉しい特典です。

    詳細については公式サイトを確認してください。


    【Caesars ステータスマッチ】

    ルーレット

    Caesars Rewards は Las Vegas と Atlantic City のカジノが有名な Caesars Entertainment のロイヤリティプログラムです。

    Wyndham Rewards ダイヤモンドステータス所持者はこの Caesars Rewards のダイヤモンドステータスにマッチすることが可能です。

    ステータスマッチはこちらのページから申請することが出来ます。

    Caesars Rewards ではカジノだけでなくホテルの宿泊も可能で、以下の様な特典が得られます。

  • リゾートフィーの免除
  • 毎月2枚の無料ショーチケット(一部)
  • $100 Celebration Dinner クレジット(Caesars の一部のレストランで利用できるクレジット)
  • 施設によっては無料のバレットパーキングorセルフパーキング
  • ホテル、レストラン、カジノの両替所でのプライオリティレーン
  • 割引客室
  • Caesars のステータス特典についての詳しい内容はこちらの公式サイトで確認してみて下さい。


    【その他の特典】

    お金

    カード更新時 15,000 Bonus Points 獲得

    初年度はもらえませんが、2年目以降はカード更新時に15,000ポイントが付与されます。

    15,000ポイントあればホテルにもよりますが1泊は出来ますし、カード年会費の$95より価値があることは間違いないでしょう。

    予約必要ポイント10%オフ

    ポイントで宿泊を引き換える特典(Go Free)を利用する時に自動的に10%割引を受けます。

    通常だと必要なポイントは7,500、15,000、30,000のいずれかになりますが、この特典により6,750、13,500、27,000となります。

    カード会員料金

    Wyndham Rewards Earner Business Card の所持者が有償宿泊をする場合、料金が7%~12% 割引になります。


    【ポイント還元率】

    ポイント還元

    Wyndham Rewards は$1使用で1ポイントを基本として、ウィンダムホテルの宿泊とガソリン代で8倍、マーケティング・広告・ユーティリティの支払いで5倍、その他で1倍となっています。

    これは他のカードと比べるとユニークなカテゴリで高いパフォーマンスを持っているため、特にガソリンとユーティリティのカテゴリでの支出に向けたカードを探している場合は最適になり得ます


    【Wyndham Rewards ポイントの使い道】

    Wyndham Hotel

    Wyndham Rewards ポイントの使い道はいくつか挙げられますが、アカウントの非アクティブ状態が4年間続くと失効しますので注意しましょう。

    また Wyndham Rewards ポイントは Capital One miles と Citi ThankYou points から転送することも出来るので覚えておくと良いでしょう。

    Wyndham ホテルでのポイント宿泊

    Wyndham は世界中に9,000を超えるホテルを展開する大規模なホテルチェーンです。

    最も一般的な使い道としてポイント宿泊が挙げられます。

    ポイントで宿泊する場合は1ベッドルームあたり定額の 7,500 ポイント、15,000 ポイント、30,000 ポイントで予約することが出来ます。(ただし前述のカード特典で10%オフ)

    Vacasa バケーションレンタルへの引き換え

    Vacasa は北米を中心とし、バケーションに焦点を当てた Airbnb の様なサービスです。

    Vacasa バケーションレンタルの料金は1ベッドルームあたり1泊15,000ポイントまたは30,000ポイントで、現金で予約する場合の費用によって必要なポイント数が決定されるシステムです。

  • 1ベッドルーム1泊$250以下:15,000 ポイント
  • 1ベッドルーム1泊$250を超え~ $500以下:30,000 ポイント
  • 1ベッドルーム1泊$500を超える場合:Wyndham ポイントでの予約不可
  • 計算すると最大1ポイント=約1.6セントで利用できることになりますのでこれは非常にお得な使い道です。

    Decameron All Inclusive Resorts

    Wyndham と Decameron は提携し、メキシコ、パナマ、ジャマイカなどにオールインクルーシブの施設を追加しています。

    必要ポイントは2名1室で15,000ポイントからという非常にお得なレートでオールインクルーシブ施設に宿泊出来ます。

    Caesars Rewards への転送

    Wyndham のポイントは Caesars Rewards へ1:1で転送することが出来ます。

    ポイントは2,500ポイント単位で、暦年あたり最大60,000ポイントまで移行できます。

    転送には多少時間がかかることと、Caesars Rewards は6ヵ月の非アクティブな状態が続くと失効することには注意しましょう。

    Caesars Rewards は1ポイント=1セントで Caesars のホテルで利用出来ます。

    ポイントで宿泊する場合税金がかからないらしいので少しお得です。

    その他

    他にもエアラインマイルへの転送やギフトカードとの交換も出来ますが、これらの選択肢はレートが悪く、お得な使い道とは言えません。

    時々ポイント転送にボーナスがかかる場合はマシなレートになることもあるようです。


    【Barclays のカードについて】

    Barclays
  • Barclays クレジットカードの所有できる枚数に厳密な制限はありません。
  • Barclays クレジットカードは同じカードを2枚持つことは出来ません。
  • 通常 Barclays は6ヵ月に1枚カードを承認しますが、それほど厳しいルールでは無いようです。
  • Barclays は休眠カードを好みません。既に Barclays のカードをお持ちの場合はある程度利用してから申請するのがおすすめです。
  • 6/24ルール:過去24ヵ月に6枚を超える新しいカードを持っている場合、承認されない可能性があります。ただしこれもそれほど厳しいルールでは無いようです。
  • 24ヵ月ルール:同じカードのサインアップボーナスを過去に受け取っている場合、24カ月経過後に再度受け取りが可能になります。

  • 【対抗カード】

    Wyndham Rewards Earner Plus Card

    Wyndham Rewards Earner Plus Card

    パーソナル版の Wyndham Rewards Earner Plus Card は年会費が$75と少し安く、サインアップボーナスの条件もビジネスと比べると緩いです。

    ただし付与されるステータスはゴールド止まりなので、その点はビジネス版に一歩劣ります。

    Hilton Honors Aspire

    Hilton Honors Aspire

    カード所持のみで高いステータスを得られるカードの代表格としてはこの Hilton Honors Aspire です。

    ただしこちらはパーソナルカードで、年会費も相応に高いカードですので違いは多くあります。


    【紹介リンク】

    紹介リンク

    現在このカードの紹介リンクを募集中です。

    コメント欄、お問い合わせフォーム、またはTwitterのDMで紹介リンクをご連絡をください。

    記事中に読者様の紹介リンクとして紹介いたします。

    公式リンクは以下からどうぞ。

    →公式リンク←


    【まとめ】

    まとめ

    Wyndham Rewards Earner Business は、年会費を余裕で回収できるカード更新時のポイント付与カード所持のみで得られるダイヤモンドステータスユニークなガソリン8%・ユーティリティ5%還元、と非常に評価の高いカードです。

    Wyndham のポイントもホテル泊や Vacasa バケーションレンタルなど休暇を過ごすのに有意義な使い道が数多くあります。

    アメリカの有名なクレカブログのライターもこのカードは財布に常に入れておくカードの1枚だと言ってる人もいます。

    1人での旅行にも、家族での旅行にも活躍するポイントプログラムですし、Wyndham Rewards Earner Business Card の所持を検討してみてはいかがでしょうか。


    以上、お読みいただきありがとうございました。皆さまのクレジットカードの作成の一助になれば幸いです。

    X(旧Twitter)もやってますので是非フォローしてください


    ブログランキング参加しています。よろしければクリックをお願いします。

    にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


    0 件のコメント: