おすすめ記事ピックアップ

横スクロール出来ます(スマホ用)→
2024年5月現在おすすめのオファー USクレカポイ活ビギナーズガイド リンク募集 アメリカンエクスプレスによろしくサイトマップ
現在おすすめのカード! ビギナーズガイド クレカ紹介リンク募集中 サイトマップ

2023/11/13

Chase Sapphire Preferred 評価レビュー - アメリカ最強カードの1枚

Chase Sapphire Preferred

Chase Sapphire Preferredカードは、旅行者にとって非常に便利なクレジットカードです。このカードは、旅行関連のポイントや特典を提供するため、旅行者にとって非常に魅力的なカードとなっています。

>今回は、このアメリカでの最高カードの一つと言われるChase Sapphire Preferredカードについて解説していきます。


【評価・年会費・特典】

Chase Sapphire Preferred Card
おすすめ度 ★★★★☆
カードブランド Chase / Personal
年会費 $95
ポイント還元率 5% Chaseポータルを利用した旅行
3% 食事(配達・テイクアウト・レストラン)
Target, Walmart, wholesale clubsを除くオンライングロサリー
一部のストリーミングサービス
2% その他の旅行
1% その他
サインアップボーナス 75,000 UR Points 期間限定
ボーナス条件 3カ月以内に$4,000の使用
その他特典 $50/年 ホテルクレジット
URポイントを1.25倍の価値で旅行に利用可能
カード更新時、前年の利用に応じたポイント付与
URポイントを提携会社に転送可能
DashPassサブスクリプション無料
Instacart+サブスクリプション無料
$15/四半期 Instacartクレジット
一次保障のレンタカー保険(CDW)
外国為替手数料 なし
公式サイト chase.com

2023/04/18更新:紹介限定で80,000ポイントのサインアップボーナスが出現しました。
2023/05/25更新:80,000ポイントのオファーは終了し60,000ポイントとなりました。
2024/05/02更新:支店限定 85,000ポイント & オンライン 75,000ポイントのサインアップボーナスが出現しました。

Chase Sapphire Preferredはその特典の多さと低い年会費からアメリカのクレジットカードの中でも最強と名高いカードです。
その評価の高さから2023年のベストトラベルリワードクレジットカードにも選ばれたカードです。

サインアップボーナスも高く、通常時は60,000ポイントですが時々80,000ポイントに上昇しますので、運よくその時に作れるとラッキーです。
ChaseのポイントはURポイントと呼ばれ、少なく見積もっても1ポイント=1セントの価値があり、上手く使えば1ポイント=2セント以上の価値を見出せます。
つまり60,000ポイントのサインアップボーナスは$600~$1,200以上の価値があります。年会費$95のクレジットカードを作って使うだけでいただけちゃいます。

カード利用によるポイント還元率も高く、各クレジットで年会費の相殺も可能、さらにカード付属の保険も優秀と本当に隙のないカードです。
メイン利用のクレジットカードにしている方も少なくはないのではないでしょうか。

【期間限定】Chase Sapphire Preferred/Reserve 75,000ポイントオファー!

【期間限定】Chase Sapphire Preferred/Reserve 75,000ポイントオファー!

Chase Sapphire Preferred / Reserve に支店限定の新オファーが出現しましたのでお知らせします。

2023年度 アメリカ部門別ベストクレジットカード紹介

2023年度 アメリカ部門別ベストクレジットカード紹介

2023年度の部門別、最高のクレジットカードの紹介です。


【Chaseポイントの活用例】

Chaseポータルの活用

ラスベガスのトランプホテルに2泊してもまだ余裕!

Ultimate Rewards Points(以下URP、もしくはURポイント)はChaseのトラベルポータルから旅行を予約した場合、1.25倍の価値になります。

URポイントのお得な使い方の1つがChaseのポータルサイトからの旅行の予約です。

上の例だとラスベガスのTrump International Hotelに2泊して$325のところ25,977URポイントで予約できます。

これが年会費$95のカードのサインアップで数万ポイント貰えるのですからいかにこのカードのサインアップボーナスが優秀かが分かると思います。

ポイント還元5%はこのChaseポータルを通して行われた予約にのみ適用されるので、この点は注意が必要です。


マイルへの交換

URポイントは様々な提携会社のマイルやポイントへと変換出来ます。

その中でもアメリカの国内旅行に使ううえでのおすすめはUnitedとSouthwestのマイル、そしてHyattのポイントへの交換です。

これらのマイルやポイントは価値が非常に高く、ポイントの価値を最大化することが出来ます。

例えば下図の例だとパークハイアットニューヨークが現金だと$895のところ、40,000ポイントで泊まることが出来ます。これは1ポイント=2.24セントの価値での交換で、高級ホテルに非常にリーズナブルに泊まることが出来ます。

パークハイアット


その他の使い道

詳しいURポイントの使い道は下記の記事で詳しく解説しています。

このカードを作った後はこちらの記事も読んでみて下さい。

【保存版】Chase URポイント 最高の使い方について Ultimate Rewards Points解説

【保存版】Chase URポイント 最高の使い方について Ultimate Rewards Points解説

Chaseのポイント、Ultimate Rewards Pointsについて解説します。1ポイント当たりの価値やその有効期限、そして航空券やホテルへの使い道等の完全ガイドです。


【アニバーサリーボーナス】

アニバーサリー

アニバーサリーボーナスとして複数の特典がもらえます。

1つは$50のホテルクレジット。前述したChaseのトラベルポータルから予約したホテルで$50分のクレジットとして使えます。

年会費の半分のクレジットを貰えるとは流石最優秀カードと言ったところでしょうか。

もう1つは前年度に使った総額の10%のボーナスポイント。例えば前年度Sapphire Preferredで月平均$1,000使って年$12,000使ったとします。そうすると次の更新時に1,200ポイントもらえます。

おまけ程度ですが嬉しいポイントです。特性上2年目以降にもらうことが出来ます。


【ポイント還元率】

ポイント

基本$1使用で1ポイントで、ポータル経由の旅行及びLyftで5倍、テイクアウト・食事の配達サービス、レストラン、オンライングロサリー、ストリーミングサービスで3倍、その他の旅行で2倍、その他1倍となっています。

アニバーサリー特典の$50のホテルクレジットではポイント還元はされませんので覚えておきましょう

還元率も良く、URポイントの価値も高いので積極的に使っていきたいカードです。

ストリーミングサービスは以下が対象です:Apple Music, Apple TV, Disney+, ESPN+, Fubo TV, HBO Max, Hulu, Netflix, Pandora, Paramount+, Peacock, Showtime, SiriusXM, Sling, Spotify, YouTube Premium, YouTube TV and Vudu


【その他の特典】

車

2023年の12月までですが月$10のGopuffのクレジットが付きます。

加えてDashPassも2024年内までに無料でアクティブ化出来ます。

また地味ですがChaseの保険は優秀です。特にレンタカーの保険は費用を抑えてくれるのでこれだけでも年会費を賄えます。詳しくは下記記事で解説しています。

【保存版】Chase Sapphire Preferred/Reserve付属のレンタカー保険について

【保存版】Chase Sapphire Preferred/Reserve付属のレンタカー保険について

Sapphireカード特典の補償でカバーできる範囲はどこまでなのか、その条件、除外項目など、詳しく解説します。

【Chaseカード】

Chase

本カードもパーソナルカードなのでChase 5/24ルールの対象カードです。

またChaseのカードはAmexと比べて若干審査が厳しいです。

そこでChaseの銀行口座を開設することで審査に通りやすくなります。

もし以前Chaseのカードを申請して審査に落ちていたり、初めてのChaseのカードで不安な方は是非試してみて下さい。

今なら紹介リンクから口座開設すれば$200も貰えます。

【保存版】Chaseの5/24ルールについて解説【対象内/対象外】

【保存版】Chaseの5/24ルールについて解説【対象内/対象外】

アメリカのChaseの5/24ルール、クレジットカード申し込みの際のルールについて例を用いて説明します。また例外、対策も。

【画像付】Chase銀行口座開設手順を解説 ($600 or $200 のボーナス付)

【画像付】Chase銀行口座開設手順を解説

Chase銀行口座の開設を画像付きで説明します。口座開設のメリットやお得なクーポンも合わせて紹介します。

【対抗カード】

American Express Gold Card

American Express Gold Card

Chase Sapphire Preferredは間違いなくアメリカクレカ最高峰の1枚ではありますがそれでもライバルがいます。

こちらは年会費$250と少し高いですがそれに相応しい、いやそれ以上の特典を持つ、最高峰の1枚です。

正直どっちも作ってしまえば良いと思います。私もどちらも持ってます。

American Express Gold Cardで得られる特典&ポイントを徹底解説!

American Express Gold Cardで得られる特典&ポイントを徹底解説!

アメリカのAmex Goldカードについて解説します。アメリカクレカの中でも万人にお勧めできるカードです。

【米最強クレカ対決】Amex Gold vs Chase Sapphire Preferred はどちらがおすすめか比較検証!

【米最強クレカ対決】Amex Gold vs Chase Sapphire Preferred はどちらがおすすめか比較検証!

アメリカ最強カードは一体どれなのか。アメリカに数多く存在するクレカの中でも頂点争いをしていると言って過言ではないAmerican Express GoldとChase Sapphire Preferredに焦点を当てて比較していきます。

Chase Sapphire Reserve

>Chase Sapphire Reserve

年会費$550。Chase Sapphireカードは2種類あって1枚がこの記事で紹介したPreferred、そしてもう1枚がよりグレードの高いReserveです。

この2枚はどちらか1枚しか作れません。ただしPreferredを作ってから1年使えばReserveにアップグレードすることも可能なので一先ずPreferredを先に作るのがおすすめです。

【2023年3月】全URポイントの価値を1.5倍に出来る!Chase Sapphire Reserve Credit Card評価レビュー

Chase Sapphire Reserve Credit Card評価レビュー

Chase Sapphire Reserve Credit Cardについての解説です。またURポイントのお得な使い方についても。

【最優のSapphire対決】Chase Sapphire Preferred VS Sapphire Reserve比較!

【最優のSapphire対決】Chase Sapphire Preferred VS Sapphire Reserve比較!

CHASEの人気カードSapphire PreferredとSapphire Reserveを比較してどちらがよりおすすめなのか検討します。


【紹介リンク】

紹介リンク

もしここまでの解説でChase Sapphire Preferredを作ろうと思った方は下記リンクから作ってもらえるとブログ読者様へ紹介ポイントが入るので大変うれしいです。

ただし紹介リンクのオファーと公式のオファーでもらえるポイントに差がある場合がありますので、よくチェックしてもらえるポイントが大きい方のオファーを使ってください。

これらのリンクは、こちらの記事で紹介リンクを募集したものですので使ってもらえると嬉しいです。

→紹介リンク1←→紹介リンク2←

→公式リンク←


【まとめ】

まとめ

いかがだったでしょうか。Chase Sapphire Preferredカードは、普段使いとしても、旅行用カードとしてもスキのない万能カードです。

審査が若干厳しいのだけが欠点ですが、作ってしまいさえすれば財布の中で大活躍すること間違いなしです。

個人的にはレンタカーを借りる際のカードとして使っていたり、ChaseのポイントをHyattポイントに変えて高級ホテルステイを楽しんでいたりします。

皆さんもこちらのカードでアメリカ最高峰クレジットカードの恩恵を体感してみてはいかがでしょうか。


以上、お読みいただきありがとうございました。皆さまのクレジットカードの作成の一助になれば幸いです。

Twitterもやってますので是非フォローしてください


ブログランキング参加しています。よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


0 件のコメント: